撤去する自転車は多い方がいい?数の原理で儲かる仕組み

撤去自転車2

放置自転車ビジネスでは、より多くの自転車を集めることが重要です。

自転車が多ければ多いほど、主要な売却先である輸出業者との交渉が有利になるからです。「数の原理」になりますが、個人で集められる数には限界があります。

個人事業でも数の原理を可能にしたのが私たちのパートナー制度です。これにより、ビジネスをどう優位にできるのか説明させてください。

撤去する自転車が多いほど良い理由

撤去した自転車が多ければ多いほど、輸出業者に対し優位に立てます。

そうなれば、彼らをコントロールできるため、このビジネスを行っていく上での好循環が生まれます。

輸出業者をコントロールすることができるようになれば、自転車の撤去・回収は輸出業者に任せます。自分は撤去現場に立ち会うだけでいいのです。

そうすると、自転車を運ぶための軽トラックも、自転車を保管するスペースも必要ありません。撤去台数が多いからといって、人員を増やす必要もありません。

少ない労力で大きな結果が生み出せるのです。

パートナー制度は、この数の原理を最大限に発揮することで、儲かる仕組みです。

パートナーが全国規模で増えれば、とてつもない台数の自転車を撤去することができるのです。


「撤去する自転車は多い方がいい?数の原理で儲かる仕組み」まとめ

自転車の数が多いほど、輸出業者との交渉が有利になる。パートナー制度は、この数の原理により儲かる仕組みになっている。

【限定公開】放置自転車ビジネスに興味のある方へ

放置自転車ビジネスに関する全ての情報を入手できます。

・パートナー参加費などの諸条件を知ることが出来ます
・放置自転車ビジネスの進め方やノウハウをメールで受け取れます
・グループ代表の中村社長に直接会えるパートナー制度のセミナー案内が優先的に届きます
・ビジネスの可能性を知ることが出来る、稲本社長と中村社長の対談音声を無料でダウンロードできます
・セミナー時に使用している資料の一部を入手できます
・「放置自転車ビジネス開業マニュアル完全解説版」レポートを無料で入手できます
・パートナー制度やスモールビジネスに関する最新情報をメールでお届けします

全ての情報を完全無料で入手する