放置自転車撤去が有望ビジネスである理由とは?

放置自転車撤去

スモールビジネスで起業する場合、どのようなビジネスを選ぶかで結果へいたる苦労が大きく違ってきます。

ニッチな市場であったり、ライバルが少ないなど、スモールビジネスでも成功しやすい要素の多いビジネスを選ぶべきです。

そうした意味では、放置自転車撤去は有望ビジネスといえます。

その大きな理由の1つをお教えしましょう。

放置自転車撤去は法的にグレーゾーン?

放置自転車の撤去に関しては、法的に少しグレーゾーンといえます。日本には放置自転車撤去に関する法律が存在しないからです。

駅前の自転車には自治体の条例がありますが、民間の敷地に放置された自転車に関しては、敷地の所有者や管理者の自己責任となっており、ルールが存在しません。

ただ、放置されているとはいえ自転車には「所有権」があります。

たとえば有料撤去の場合は、マンション管理会社などの依頼を受け、警告票を張り出すなどの手続きを踏んで撤去作業を行うのですが、他人の所有物を処分するため、無用なトラブルに発展する可能性がないとはいえません。

私たちは警察とも相談しながらそうした問題をクリアにしているため、大きな問題に発展したことはありません。

また、そうでなければ大手管理会社などは相手にしてくれません。

このビジネスを素人が個人でやっていくとこうした法的な壁にぶち当たることがあります。

放置自転車ビジネスのようなスモールビジネスは、少し法的にグレーな世界、大手が手を出しにくいニッチな分野を狙うのが成功するための一つのセオリーです。

放置自転車ビジネスは、新品の自転車が毎年売れて、一定の割合が放置自転車となっている現実の中で、ライバルも見当たらない、とてもおもしろい有望ビジネスです。


「放置自転車撤去が有望ビジネスである理由とは?」まとめ

放置自転車撤去は法的にグレーなため、ニッチな分野であり、ライバルも少なく、スモールビジネスに向いている。

【限定公開】放置自転車ビジネスに興味のある方へ

放置自転車ビジネスに関する全ての情報を入手できます。

・パートナー参加費などの諸条件を知ることが出来ます
・放置自転車ビジネスの進め方やノウハウをメールで受け取れます
・グループ代表の中村社長に直接会えるパートナー制度のセミナー案内が優先的に届きます
・ビジネスの可能性を知ることが出来る、稲本社長と中村社長の対談音声を無料でダウンロードできます
・セミナー時に使用している資料の一部を入手できます
・「放置自転車ビジネス開業マニュアル完全解説版」レポートを無料で入手できます
・パートナー制度やスモールビジネスに関する最新情報をメールでお届けします

全ての情報を完全無料で入手する