営業アプローチ

自転車回収を集合住宅で行うための営業アプローチとは?

自転車回収5

マンションやアパートなどの集合住宅は放置自転車の回収依頼を見込める場所です。

実際に回収できるようにするためには、その物件の管理者に対して営業アプローチをする必要がありますが、物件によって管理者のタイプが異なります。

いかに集合住宅の管理者にアプローチすればいいかをお教えします。

続きを読む

放置自転車回収の営業アプローチは提案型で

放置自転車回収8

放置自転車を回収するためには、市場を開拓する必要があります。

放置自転車といっても、自転車が放置されている敷地のオーナーや管理人の許可がなければ、撤去できません。つまり、こうしたオーナーや管理人に営業をかけるのです。

自転車撤去の営業アプローチで大切なことをお教えしましょう。

続きを読む

放置自転車回収を商業施設で行うための営業アプローチとは?

放置自転車回収6

放置自転車ビジネスのターゲットとなる市場の1つに、スーパーマーケットなどの商業施設があります。

大きな施設ほど放置自転車は多く、いったん撤去しても、また自転車が増えるという有望な市場です。

そんな場所の放置自転車撤去をするには、もちろん責任者から許可や依頼を受けなければなりません。

そのために必要となる営業アプローチの仕方をお教えします。

続きを読む