回収した自転車のレンタル事業にはチャレンジするべき?

回収自転車10

回収した放置自転車をお金に換える方法の1つにレンタル事業があります。レンタル自転車へのニーズは高く、有望なビジネスと考えられます。

とはいえ、放置自転車ビジネスでの現金化のメインの方法は、あくまでも輸出業者への売却です。また、レンタル事業はリサイクル販売よりもハードルは高くなります。

自転車のレンタル事業には手を出すべきでしょうか?

回収した自転車をレンタルすれば稼げる?

今の若い人は車に乗らない、持たない人が増えています。自動車免許すら持っていない若者も少なくありません。

こうした若い世代も含めて、今の日本ではレンタル自転車のニーズはたくさんあります。

ニーズはあるのに、自転車のレンタル業者が少ないためにまったく知られていないのです。

こうしたニーズを一つ一つつぶしていけば、自転車のレンタル事業は将来的にかなり有望な方法ですから、チャレンジする価値はあります。

ただし、レンタル事業はリサイクル販売よりもハードルは高くなります。会社の実績が必要ですし、営業がむずかしいといったこともあるからです。

レンタルを行うならば、「放置自転車ビジネスが軌道に乗ってから」という条件付きだということをくれぐれも覚えておいてください。


「回収した自転車のレンタル事業にはチャレンジするべき?」まとめ

自転車のレンタル事業は有望なビジネスだが、チャレンジするのは放置自転車ビジネスが軌道に乗ってからにするべき。

【限定公開】放置自転車ビジネスに興味のある方へ

放置自転車ビジネスに関する全ての情報を入手できます。

・パートナー参加費などの諸条件を知ることが出来ます
・放置自転車ビジネスの進め方やノウハウをメールで受け取れます
・グループ代表の中村社長に直接会えるパートナー制度のセミナー案内が優先的に届きます
・ビジネスの可能性を知ることが出来る、稲本社長と中村社長の対談音声を無料でダウンロードできます
・セミナー時に使用している資料の一部を入手できます
・「放置自転車ビジネス開業マニュアル完全解説版」レポートを無料で入手できます
・パートナー制度やスモールビジネスに関する最新情報をメールでお届けします

全ての情報を完全無料で入手する