放置自転車を回収して行商で稼ぐ方法とは?

放置自転車回収5

放置自転車ビジネスでお金を稼ぐ方法はいくつかあります。

それは、商材である自転車を現金に換えるポイントが複数あるということです。

そのポイントの1つが、自転車のリサイクル販売です。また、リサイクル販売の仕方も1つではありません。

そのうち、開業当初でも行いやすい方法を紹介します。

放置自転車をリサイクル販売するなら、どこ?

回収した放置自転車でお金を稼ぐ方法の1つにリサイクル販売があります。

自転車のリサイクル販売をするには、「古物商許可証」が必要ですが、その取得の仕方については、こちらの記事 放置自転車ビジネスで独立開業するのに必要なモノとは? で案内しています。

リサイクル販売の仕方にもいろいろあり、その1つとして、地元のスーパーマーケットや集合住宅で「行商」をする方法があります。いわゆる店頭販売です。

行商は、大学でのリサイクル販売で稼ぐことに比べればハードルが低いため、開業当初に行うならばおすすめの方法です。

集合住宅で行商をする場合、数百世帯が入居するマンションや大規模団地などの「大口」が対象となります。

行商をするためにはマンションの敷地を借りなければいけません。

管理会社や自治会、管理組合との交渉が必要になりますが、知り合いのつてをたどることもできますし、リサイクル販売の手法の中では最も地元に密着した方法といえます。


「放置自転車を回収して行商で稼ぐ方法とは?」まとめ

放置自転車ビジネスの開業当初にリサイクル販売するなら、地元のスーパーマーケットや集合住宅での行商がおすすめ。