放置自転車ビジネスのパートナー制度に参加するには?

放置自転車ビジネス30

放置自転車ビジネスはまったくの個人でも始めることができます。しかし、それでは、どうしても回収できる自転車の数に限界があり、利益も限られます。

そこで、わたしたちのパートナー制度なら、スケールメリットによる利益を得ることができます。

どうすれば、この制度に参加できるのか、お教えします。

放置自転車ビジネスのパートナーになるには

わたしたち、サイクルストップグループのパートナー制度は、放置自転車ビジネスの支援と協力のコミュニティです。

ここでは、どのようにすればパートナーになれるのか、ご説明します。

パートナーに参加するためには、私たちが主催するセミナーに参加していただきます。

そして、希望者と個別面談をしたうえで参加の可否を判断します。ですから、誰でもウェルカムというわけではありません。

理由の1つは、本気でこのビジネスに取り組む気概があるかどうかを見るためです。

もう1つの理由は、人物評価をさせていただきたいからです。

たとえば、ルールを無視して自分勝手に行動したために輸出業者に悪評が立ってしまった場合、サイクルスト

ップグループ全体の評判も下がってしまうからです。外国人輸出業者もまた、全国規模でつながっているのです。


「放置自転車ビジネスのパートナー制度に参加するには?」まとめ

放置自転車ビジネスのパートナーになるには、本気でビジネスに取り組む気概と人物評価が決め手になる。

【限定公開】放置自転車ビジネスに興味のある方へ

放置自転車ビジネスに関する全ての情報を入手できます。

・パートナー参加費などの諸条件を知ることが出来ます
・放置自転車ビジネスの進め方やノウハウをメールで受け取れます
・グループ代表の中村社長に直接会えるパートナー制度のセミナー案内が優先的に届きます
・ビジネスの可能性を知ることが出来る、稲本社長と中村社長の対談音声を無料でダウンロードできます
・セミナー時に使用している資料の一部を入手できます
・「放置自転車ビジネス開業マニュアル完全解説版」レポートを無料で入手できます
・パートナー制度やスモールビジネスに関する最新情報をメールでお届けします

全ての情報を完全無料で入手する