放置自転車ビジネスは参入障壁が低いから成功しやすい?

放置自転車ビジネス29

ビジネスによっては新規参入するにあたって、一定の条件をクリアしなければいけないケースがあります。

その条件とは、参入しようとする業界によりますが、許認可や法規制、保証金などです。これらは、起業しようとする人にとっては「障壁」以外のなにものでもなく、それだけでビジネスの成功は遠くなります。

では、放置自転車ビジネスに参入障壁はあるのでしょうか?

放置自転車ビジネスを始めるための条件とは?

放置自転車ビジネスを始めるには、特別な技能も資格も知識も必要ありません。参入するのに法的な規制もありません。

つまり、参入障壁がないので、ビジネスとして誰でも始めやすいという大きなメリットがあります。

あらかじめスタート時の大きな障害がないので、成功までの道のりが短いのです。

参入障壁がないことは放置自転車ビジネスの成功要素の1つとして非常に大きなものといえます。

その反面、誰にでもできるため業界が荒れやすいデメリットもあります。

私たちはそれを見越して、警察と相談しながら「法律に基づいた自転車撤去」のノウハウとパートナー制度を軸にして、業界のモラルを維持する仕組みをつくり上げました。


「放置自転車ビジネスは参入障壁が低いから成功しやすい?」まとめ

放置自転車ビジネスを始めるには、特別な技能や資格は必要なく、法的規制もないため、誰でも参入できて成功が近い。

【限定公開】放置自転車ビジネスに興味のある方へ

放置自転車ビジネスに関する全ての情報を入手できます。

・パートナー参加費などの諸条件を知ることが出来ます
・放置自転車ビジネスの進め方やノウハウをメールで受け取れます
・グループ代表の中村社長に直接会えるパートナー制度のセミナー案内が優先的に届きます
・ビジネスの可能性を知ることが出来る、稲本社長と中村社長の対談音声を無料でダウンロードできます
・セミナー時に使用している資料の一部を入手できます
・「放置自転車ビジネス開業マニュアル完全解説版」レポートを無料で入手できます
・パートナー制度やスモールビジネスに関する最新情報をメールでお届けします

全ての情報を完全無料で入手する