放置自転車ビジネスは在庫管理が不要で、リスクも少ない?

放置自転車ビジネス19

モノを扱うほとんどのビジネスには在庫がつきものです。

在庫を持てば、管理しなければなりませんし、倉庫代といった経費もかかります。商品が売れなければ、その分在庫リスクになってしまいます。

その点、放置自転車ビジネスにとっての在庫はどうでしょうか?

このビジネスの在庫の考え方についてお伝えします。

放置自転車ビジネスは在庫不要?

放置自転車ビジネスは、自転車を回収して、輸出業者に売ることを基本にしているため、在庫を抱えるということがありません。

つまり、在庫管理をする必要がありませんし、在庫リスクの心配もないのです。

これは、このビジネスの大きなメリットといえ、成功要素の1つになります。

在庫の保管代などの経費がかかりませんし、リスクも少ないため、それだけ開業してから成功までのスピードも速いということです。

ただし、回収した自転車の一部を整備して、リサイクル販売などで売る場合は、一時的に保管する場所が必要となります。

敷地はないよりあったほうがいいので、先々のことを考えて最小限のスペースは確保しておくと良いでしょう。


「放置自転車ビジネスは在庫管理が不要だから、リスクもない?」まとめ

放置自転車ビジネスでは、回収した自転車は輸出業者に売ることが基本なので、在庫リスクがなく、成功しやすい。

【限定公開】放置自転車ビジネスに興味のある方へ

放置自転車ビジネスに関する全ての情報を入手できます。

・パートナー参加費などの諸条件を知ることが出来ます
・放置自転車ビジネスの進め方やノウハウをメールで受け取れます
・グループ代表の中村社長に直接会えるパートナー制度のセミナー案内が優先的に届きます
・ビジネスの可能性を知ることが出来る、稲本社長と中村社長の対談音声を無料でダウンロードできます
・セミナー時に使用している資料の一部を入手できます
・「放置自転車ビジネス開業マニュアル完全解説版」レポートを無料で入手できます
・パートナー制度やスモールビジネスに関する最新情報をメールでお届けします

全ての情報を完全無料で入手する