放置自転車ビジネスで成功できるのは競合他社がいないから

放置自転車ビジネス16

ビジネスの成功を左右する要素のひとつに競合他社、つまりライバルの存在があります。

起業して成功できるかどうかは、ライバルの存在や動きによるところも大きいものです。

放置自転車ビジネスを始めるにあたっては、ライバルの状況も気になって当然です。

このビジネスには、どのようなライバルが存在するのでしょうか?

放置自転車ビジネスのライバルとなるのは?

放置自転車ビジネスのターゲットとなる市場とは? でお伝えしたように、放置自転車の撤去に関しては競合他社といっても、廃品回収業者にしてもリフォーム会社にしても、本気で取り組んでいる業者はいません。

また、日本に中古自転車専門店は存在しません。

自転車を運ぶ物流コストがかかるため、中古自転車を仕入れることができないからです。

私たちは、大量の中古(放置)自転車をタダで、もしくはお金をいただいて仕入れる(回収する)ことができますが、そもそも中古自転車の市場がないので街の自転車屋さんは仕入れることができません。

ほとんど整備されていない中古自転車を数台並べているだけのリサイクルショップなども私たちのライバルではありません。

つまり、放置自転車ビジネスでは、競合他社と呼べるほどのライバルはいないことになります。

それだけに成功の可能性が高いということです。


「放置自転車ビジネスで成功できるのは競合他社がいないから」まとめ

本気で自転車撤去に取り組む会社はほとんどないため、放置自転車ビジネスにはライバルはなく、成功の可能性が高い。

【限定公開】放置自転車ビジネスに興味のある方へ

放置自転車ビジネスに関する全ての情報を入手できます。

・パートナー参加費などの諸条件を知ることが出来ます
・放置自転車ビジネスの進め方やノウハウをメールで受け取れます
・グループ代表の中村社長に直接会えるパートナー制度のセミナー案内が優先的に届きます
・ビジネスの可能性を知ることが出来る、稲本社長と中村社長の対談音声を無料でダウンロードできます
・セミナー時に使用している資料の一部を入手できます
・「放置自転車ビジネス開業マニュアル完全解説版」レポートを無料で入手できます
・パートナー制度やスモールビジネスに関する最新情報をメールでお届けします

全ての情報を完全無料で入手する